2010年09月21日

保守とは何か?

保守(Conservatism)とは何かこれを簡潔な言葉で表せば「公共を重んじる人々」と言うことになる。

対してリベラル(liberalism)とは、「個人を重んじる人々」だろう


戦後の日本社会は、日教組に代表される左翼的リベラルが、一貫して「個人の権利」ばかりを追求してきた時代だった。教育現場では・・・生徒は過度に「個人の権利」を教えられ、「国民としての義務」はおざなりにされてきた。

その結果が、学級崩壊であり、モンスター・ピアレントなど常軌を逸した人々の出現であり、行き過ぎたほどフライバシーや人権を慮るために、虐待される子供たちを救えないという社会の出現である。

左翼的リベラリストは、社会秩序を破壊することは得意だ。彼らが推進する、人権擁護法案、外国人地方参政権、改正移民法等々が好事例だろう。


世界には、誰もが個人の事しか考えない,そんな価値観を持つ人々が暮らす国家がある。ずばり、それは漢民族が支配する中国だ。彼らには道徳観念や公共を重んじる精神がまったく欠落している。個人だけならまだしも、国家自体が取れるものなら、何でも奪ってやれと言う無法国家だ。尖閣諸島や東シナ海のガス田問題などが良い例だろう。


日本は古より、聖徳太子の17条の憲法「和を持って尊しとす」の精神が示すように、個人よりも「社会の公共性と義務」に力点が置かれた社会を育んできた。

180px-Umayado_Miko[1].jpg
聖徳太子

現在の憲法でも・・・第3章 国民の権利及び義務。第12条 【自由、権利の保持の責任とその濫用の禁止】
 
「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。 又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」とあるように、過度の個人の権利は公共の福祉に反するとされている


日本の社会が、世界で最も安定し、暮らしやすいのは、この古から培われてきた「公共の精神」の賜物である。

私は、人々が個人の権利だけを追求する、公共性や道徳性の失われた、中国のように無味乾燥で殺伐とした社会に生きたくはない。

戦後の左翼教育の集大成のような、プロ市民上がりの政治家がついに首相となった日本。子供たちの未来に大いに不安を感じる。

保守(公共精神と義務を重んじる人々)の復活は、もう望めないのだろうか・・・
posted by かたばみ at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 偉大なる先人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

朝鮮語の起源は、縄文人の言語

最近、「日本語の起源は百済語」という韓国の学者のトンデモ本を書店で見かけました。この著者・・・気は確かなのでしょうか? 
何故なら、百済語なる言語に関する文献は、朝鮮半島はおろか、中国や日本の古い書物にもまったく存在しません。

そもそも、訓民正音創製(1443年)以前の古代朝鮮語(百済語ではない)なる物ですら、誰にも分からないのです。
(国家の品格の著者・藤原正彦氏によれば・・・現在、古朝鮮語は200語ほどしか残されていないそうですね。)

(朝鮮民族は、縄文時代からはぼ人種が固定化され長い歴史を持つ日本民族とは異なります。直近でもモンゴル人の支配を受け、混血が進みました。言語の変遷も相当なものでしょう)

韓国の学者の論拠は、古事記など古い大和言葉と、さらに時代を何百年も下った朝鮮語に、たまたま似通った言葉があるからというだけの、馬鹿馬鹿しい屁理屈に過ぎません。また、百済という国名があるから、百済語が存在したはずだというのは、邪馬台国という国があるから、邪馬台国語があったというようなもの。朝鮮半島で話されていた新羅や百済の言葉に明確な違いが在るのか、方言ほとの差なのかさえも分からないのです。
 無から有を生じるのが得意な、朝鮮民族とは言え、呆れるばかりです。

これはむしろ、逆だったのだろうと思います。
以前に「朝鮮半島からは、縄文時代に相当する時期の人骨が殆ど出土していない」と考古学資料から引用したように、縄文人は朝鮮半島に住む民族がまだ少ない時期に、「朝鮮半島・東三洞の貝塚から出土した九州の縄文土器をよく見ると、形や文様が九州本土から出土する縄文土器と微妙に異なることが分かってきました。おそらく、九州から渡っていった縄文人が、その周辺で長期滞在して記憶がうすれたか、2世が土器を作ったために、九州にない九州の縄文土器になったのでしょう」・【発掘された日本列島2007(文化庁編・朝日新聞)】とあるように、半島南部に進出し、縄文土器などの先進的文化を持ち込み定住していました。

tosando[1].jpg
東三洞の貝塚

(ちなみに、その頃の日本は木造建築の技術も相当進んでおり、長浜浩明氏の著書によれば「木造建築の先進性の証拠として、1万2千年前から弥生時代まで続いた富士山の桜町遺跡から、精巧な木組みを用いた4千年前の高床式建物が出土した。この事実から、高床式建物は稲作と共に渡来人がもたらした、なる説も「誤」であることが確定した。そして約35センチを単位とする尺度があったとも考えられ、奈良の法隆寺や東大寺の技術基礎はこの時代から育まれていたのである」という)

new_sakuramati1[1].jpg
桜町遺跡


以前にも書いたように、日本人は縄文時代にはすでに、言語・文化・人種・地理的にも倭人としてのアイデンティティーを確立していました。
(中国の文献には、倭人の言語が、他の民族とハッキリ区別できるとの記述が見えます。その中国は、今世紀にいたるまで、山を一つ越えると、言語が異なる多くの異民族同士が、集まって暮らしている砂のような国家でした。これは、日本統治以前の朝鮮半島でも言語的には似たようなものです。


その、朝鮮半島に定住し、また、時代を下っても尚、朝鮮半島に、大きな影響力を持ち続けた縄文人(倭人)の言語が、それ以降の朝鮮半島に大な影響を与えない分けがありません。

日本語と朝鮮語の語順など文法が似通っているのは、この縄文人の言語的影響が大きいのでしょう。
(現代でも、朝鮮語の約90%が日本語で、それを朝鮮式に発音しただけであり、その影響は朝鮮民族がまったく自覚していないほど自然に溶け込んでいます。

strong>

 
【追記】

そもそも、日韓併合以前の朝鮮半島では南北、あるいは地域によって異なった土着言語が使われており、標準語(現在の朝鮮語)そのものが存在していなかった。

また支配者層である両班は、マンダリン(中国の公用語である官話)を使用し、土着の朝鮮語を蔑視していた。

現在の朝鮮語なるものは、朝鮮総督府(日本)によって、釜山周辺で使われていた日本訛りの朝鮮語を基礎にして作られたものだ。

その際、文法や語彙に欠損の多い朝鮮語を補うために、文法体系としては日本語の橋本文法 (学校文法)、語彙としては現在の中国語の約80%を占める和製漢語(日本語)が使われた。

だから、現在使われている朝鮮語は、日本語と文法や単語が共通していても当たり前なのだ。

結論をいえば・・・現在の朝鮮語なるものは日本語のサブセット言語、つまり亜種である。




参考(朝鮮半島への、倭人の影響力の範例)

@『三国史記』新羅本紀にあるように、「新羅より南方を一貫して”倭地”として扱っているのは、そこでは、倭人・倭種が政治の主導権を握っていたと見るほかはない」・・・(日韓がタブーとする半島の歴史)

A「新羅の4代目の王・解脱とその子孫の新羅の国王が倭人だった」・・・新羅本紀

B「新羅も百済も倭国を大国と見ている。優れた品々が多いためで、新羅も百済も倭国を敬仰し、常に使節が往来している」・・・中国の正史・「随書」
posted by かたばみ at 12:14| Comment(10) | TrackBack(0) | 偉大なる先人達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする