2014年05月27日

変水流体術その後

もう、何年も変水流体術の技法を公開していません。
まだこの護身術に関心を持つ方々が、訪れて下さっているようですね。有難うございます。

(ブログ自体、多忙でなかなか更新できません。次は「ソ連(ロシア)軍は強いという刷り込み」という、日本軍に比べたら、とても弱かったという内容を考えてますが、いつ掲載できることやら)


(このブログ開始以降、少林寺拳法やイスラエル式護身術クラブマガなどが、それまで彼らの技法にはなかった技法〔足を取って股間を蹴ったり、背後から抱きしめられたときに、霞で股間を痛打する等々〕を使っている演武を見たり、あるいはTVの犯罪ドラマで、自販機の缶コーヒーをレジ袋にいれて武器として使うのを見て、ハンカチじゃないと破れるだろうなどとツッコミを入れながら、それって、もしかしてこのブログを参考にしたのかな?なんて言うふてぶてしい想像を時折しておりました。また、ある格闘技雑誌で、指の間に幾つもカギを差し込む護身術が紹介されていましたが、思わず笑ってしまいました。あからさまにパクリはできないとアレンジしたのかなと?ボールペンを手の内として使うアイデアもまたそうかな。

いずれにしても、海外からはクラブマガやシラット〔マレー語 Silat は東南アジアで行われる伝統的な武術〕など、国内では少林寺拳法や空手関連、護身術などの検索ページから、アクセスがありましたから、もしかしたらこのブログが何らかのインスピレーションを与えたのかも知れませんね。だとしたら光栄です)

H-m44.jpgH-m55.jpgH-m66.jpg

女性のために考えだした技法は、まだ数多く有りますが、一身上の都合によりしばらくは更新できないことをお詫びいたします。
posted by かたばみ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 護身術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。